顔汗 止める 方法

顔汗を止める方法をチェック

顔汗をハンカチで拭いてはまた拭く人を顔汗をあまりかかない人が見ると
どうして?と思いますが、顔汗をかく人も、どうして?と思うでしょう。
顔汗をかくのは体質的な面と心理的な面がありますが、顔汗は止めたいですね。
そのような時の応急措置として顔汗を止める方法がいくつかありますが、
主な方法を以下に示します。

 

■まずは首の後ろを冷やしてみる
つまり首の後ろにある太い血管を保冷材などで冷やすことです。
血管が冷えると血流が冷やされるので、顔にある汗腺からの汗が止まります。

 

■適度な運動で全身の汗腺を目覚めさせる
汗腺という汗の出どころは身体中にありますが、普段運動をしないと汗をかかないので
汗腺が眠ってしまいます。
そうすると一番汗がでやすい顔の汗腺が活発になりますから顔汗がでます。
ですから運動でほかの部分の汗腺を起こすことで身体中の汗腺がはたらきますから
顔だけに汗が集中しなくなります。

 

■制汗剤の使用は必要最低限にする
ご存知と思いますが制汗剤が汗止めと称して市販されています。
これは顔用とその他用(たとえば足とか脇用)がありますが、
顔の汗止めには必ず顔用の制汗剤を使うことと、長い時間の使用は避けることが大切です。
それは汗を止めると同時に顔の皮膚呼吸も止めるからで、使うのは必要最低限にします。

 

■顔がほてって汗が出る時は婦人科へ行く
女性に限りますがホルモンのバランスが悪くなると、それが自律神経を失調させます。
自律神経は発汗をコントロールしているので、失調するとその作用が狂います。
そうすると顔がほてって顔汗がでますから、これを止めるにはホルモンバランスを
正常にすることが必要です。

 

顔汗を止める運動について

人の身体には体温があり、外気が体温よりも高いと自動的に
体内の汗腺が働いて汗をだすことで体温を調節します。
汗腺は身体中にありますが、その中には眠っているものもあります。

 

上半身と下半身でどちらにより多くの汗がでるのでしょうか。
下半身には汗をかかないのに上半身、それも顔に汗をかくということは
全身のうちで下半身にある汗腺が眠っていると上半身に汗をかきます。

 

■顔汗を止めるには全身の汗腺を活性化させる
したがって眠っている汗腺を活性化させれば、顔にある汗腺だけではなく
汗が全身にバランス良くでることになります。

 

■顔汗を止める運動
そこで試してみる価値があるのが顔汗を止めながらの運動です。
そのコツは下半身の眠っている汗腺を目覚めさせることにあります。
つまり全身運動をするのですが、有酸素運動であるジョギングや水泳が良いでしょう。
この際に大切なことは全身運動で特に眠っている下半身の汗腺を目覚めさせながら
顔の汗腺を休ませることです。

 

■足湯と手湯の方法
運動をすれば顔からも汗が出ますが、顔からの汗を出さないようにするには足湯と手湯が有効です。
足の膝下と手の肘から下を毎日10分ほどお湯につけて、
これを2週間ほど続けると下半身にある汗腺の出口が太くなり、顔に出る汗が少なくなるでしょう。
こうして顔の汗が少なくなってからジョギングなどを定期的におこなえば
全身で汗をかくように身体が慣れてきます。

 

まとめますと顔からの汗を出さないようにするには全身運動で
下半身の汗腺を活発にすることですが、そのための順序として足湯と手湯
で顔以外にある汗腺を活性化するのです。

 

更新履歴