顔汗 止める 方法

顔汗に潜む病気とは

顔に汗をかくこと自体は不思議な事ではなく、当たり前のことです。
気温が高ければ汗が出ますし、運動をすると汗がでます。
ところが暑くもないし、運動をしたわけでもない、さらに緊張もしていないのに汗がでる。
それも普通ではないほど多くの汗をかくという場合に、
もしかするとその原因は汗とは直接関係がないような病気のためかもしれません。

 

顔だけに汗をかく病気は顔面多汗症

発汗は体温を下げるための生理的な現象の温熱性発汗、
緊張した時に汗がでる精神性発汗と刺激のある食べ物を食べると
汗をかく味覚性発汗があります。
このような生理的な現象で以上に大量の汗を常に書くのが顔面多汗症です。

 

顔汗と全身の異常な発汗で疑われるのは甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症とは新陳代謝を活性化させる役目がある
甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる病気です。
バセドー病がその代表的なものです。

 

自律神経失調症も顔汗や全身の汗がでる

呼吸や体温、血流や内臓の働きなどを脳の指令に関係なく調節しているのが自律神経で、
交感神経と副交感神経があり、そのバランスが乱れて身体が不調になるのが
自律神経失調症で、この病気に罹ると顔面多汗症になることがあります。

 

病気ではないが更年期障害も顔汗の原因になる

加齢では卵巣機能が低下するので女性ホルモンの分泌が減ります。
そうするとそれが原因で自律神経のバランスが乱れます。
自律神経が乱れると血管のコントロールができなくなり、
いわゆるホットフラッシュと呼ばれる症状がでることがあります。

 

顔汗では糖尿病の疑いも否定できない

実は乾麺多汗症の原因が糖尿病と言うことも一概には否定できないようです。
糖尿病で血糖値が高い状態が続くと末梢神経に影響を及ぼす糖尿病神経障害を
引き起こすことがあります。
自律神経も末梢神経ですから、その働きに影響があると異常に汗をかくことがあります。

 

顔の片方だけに汗をかくと危険!?

大量の汗が顔のだけに出る時は、大動脈瘤あるいは縦隔腫瘍が原因ということがあります。
大動脈瘤とは大動脈にコブができることで、縦隔腫瘍は左右の肺と胸骨に囲まれた部分に腫瘍ができることです。
これは危険ですから、いずれの場合も信頼ができる病院で
的確な診察を受けることが望まれます。首 にきび しこり