顔汗 止める 方法

顔汗を止めるボトックス注射

病院で顔汗に関する治療を施してもらおうと思った際に、
一つの手段として浮かび上がるのが「ボトックス注射」と名付けられた手法です。

 

美容整形の分野では、シワ処理のために用いられるパターンが多いボトックス注射。
これがなぜ顔汗対策に役立つのか、不思議に感じる方も大勢いるのではないでしょうか。

 

顔汗とボトックス注射の関連性について解説いたします。

 

ボトックス注射とは?

ボトックス注射で注入するのは「A型ボツリヌス毒素」という成分です。
これはボツリヌス菌を生成する菌です。
ご存知の方も多いでしょうが、ボツリヌス菌は食中毒を引き起こすと見られている菌です。

 

危ない毒素を注射して大丈夫なのか、と感じるかもしれませんが、
ここで用いるものは毒性を排除し、人体に害がないように調節されたものであり、
注入する分量も緻密に計算されているので、身体へ悪い影響が及ぶことは無いのです。

 

ボトックス注射に望める効能は、筋肉の働きを麻痺させる事です。
神経の末端部分から発生する、神経伝達物質の一種である「アセチルコリン」
の生成を抑制し、筋肉の動きを弱めるのです。

 

表情筋を麻痺させ、顔面にシワが発生しないようにする事が目的です。

 

顔汗とボトックス注射の関係性

では、どのようにボトックス注射が顔汗対策に役立つのかというと、
これもやはり、アセチルコリンをブロックする事が重視されています。

 

アセチルコリンには、発汗を促進する効果があるため、
これを遮れば、汗腺がアセチルコリンに刺激されるのを防ぐことが出来るのです。

 

ボトックス注射のメリットは、汗腺を活性化させるアセチルコリンを抑制するので、
確かな効果が望めるという事と、範囲を集中させた作用が期待できるという事です。
顔面で言えば、おでこからの発汗をストップさせるために使われることが多いです。

 

ボトックス注射に関する注意点・副作用

ボトックス注射は、重大な危険のない治療方法です。
そして、各々で効能に差は出るものの、2〜3日前後でほぼ間違いなく発汗量は減少し、
6か月程度その効果が継続して、元の状態に戻っていきます。

 

副作用に該当する要素は少ないですが、
もともと筋肉に麻痺を起こさせる目的で、用いられているのですから、
麻痺や痙攣といった状態になる可能性はあるようです。

 

とは言いましても、汗腺と筋肉では皮膚における深度も異なりますので、
よほど難解な部位への注射が必須でない限り、ほぼ副作用が発生する事はないようです。
手汗 止める