顔汗 止める 方法

顔面多汗症の判断基準は?

顔汗が大量に流れ出る場合は、顔面多汗症を疑うべきかもしれません。
これは一種の病気であり、普通の汗かきとは明確に異なります。

 

病気には違いありませんが、顔汗以外に困る事もないので軽視しがちです。
しかし生活の質を大幅に低下させたリ、予期せぬ危険に巻き込まれたりする事もあるので、
しっかり診てもらって、治療も施してもらうのはやはり大切です。

 

局所多汗症の判断基準

顔面多汗症のように、局所においての発汗が異常に多い場合は「局所多汗症」
の枠組みに入ります。

 

医療のプロからも、病気として認められている症状であり、
日本皮膚科学会においても、一定の診断ガイドラインが設けられているほどです。

 

このガイドラインをベースにして考えると、大前提は、
「要因不明」の「局所的な発汗がある」様態が「6か月以上継続している」という事になります。

 

いくつかの言葉が組み合わさっていますので、分解して考えていきましょう。

 

要因不明

「運動後」や「薬の副作用」など、汗が出てもおかしくない状況ではなく、という意味合いです。

 

局所的な発汗がある

ホルモンバランスの乱れや病気の影響で、顔のみならず身体中に多汗症の症状が
発生する場合があります。

 

このようなタイプは、局所多汗症から除外されます。

 

6か月以上

一過性の症状であれば、経過観察を行うだけでも治る可能性は十分ありますが、
6か月以上に及んでそのような症状が続くのであれば、
自然治癒は困難であると判断し、治療に移ります。

 

これらの条件に加えて、以下の要素の中で、
2つ以上該当すると本格的に診断されます。

 

1、両脇の下、両足の裏、両方の手のひらというように、左右対称に多汗症の症状が発生している
2、週に1度以上、多汗症の症状に見舞われている
3、寝ている間は、過剰な発汗がない
4、25歳未満の頃から、多汗症の症状があった
5、家族や親類にも多汗症の方がいる
6、これらの事のせいで、日々の生活で不便な思いをしている

 

これに当てはまる際は、発汗に関する検査をして、局所多汗症か否かの最終判断をします。

 

多汗症のために行う検査

今までの事は問診に頼った検査ですが、診断をより綿密に行うために、
医師が検査によって、症状をチェックする場合もあります。

 

箇所によって、行える検査に少なからず差が生まれますが、
発汗量を測るというポイントにおいては共通しています。

 

ヨード紙方式

この方式の場合は、発汗箇所にヨード(=要素)を吸わせた紙を当てて、
測定を行います。
汗を吸った際は、この紙の色が黒色に変わるのですが、
その変化の状況から目視で症状の程度をチェックできるため、分かりやすいのが魅力です。

 

換気カプセル方式

換気カプセル方式は、発汗部位の肌に密閉可能なミニカプセルを取り付け、
特別なガスを注入して蒸発させ、収集したガスの湿度をベースに、発汗量を測るというものです。

 

顔汗はよほど重症でなければ、生活に支障は起きないと考えがちでしょうが、
高い場所での作業や、長時間の運転などをする時には、
汗が目に染みる事で、予想だにしない危険に巻き込まれる場合があります。

 

それでもトラブルに発展するケースは稀でしょうが、治しておいても損はありません。
脇汗をとめる