サラフェを成分からみた効果

女性の大敵である顔汗を止める事をしてくれる医薬部外品の「サラフェ」の配合成分を紹介していきます。

 

「パラフェノールスルホン酸亜鉛」で顔汗を止める

制汗グッズの定番成分である「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が、サラフェのメイン成分です。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛は吸水効果に秀でており、顔汗などの水分を吸って、外に逃がさないようにしてくれるので、これにより顔汗を止める事ができます。この成分が濃密度で入っているので、即効性も高く、顔汗を止める力も高くなっています。

 

メーカーのテストによれば、パラフェノールスルホン酸亜鉛を使うと、日数が経つほどに顔汗の量が減っていき、5日後にはおよそ4割の分量にまで、汗の量を減らす事ができた方も存在するそうです。

 

また、植物抽出液が含有されていますので、顔汗を止めるだけでなく、皮膚や毛穴の状態を安定させて、皮脂が原因のベタベタ感を止める事も可能です。

 

「シャクヤク」で心と身体のバランスを整える

女性はホルモンバランスが揺れる事により、心と身体に不具合が生じる場合があります。

 

更年期や月経や妊娠が原因でホルモンバランスが揺れて、それまでは顔汗で悩んだ経験が無くても、急に顔汗などの汗が多くなってしまう場合もあります。

 

また、ストレスが原因で顔汗が多くなる場合もあります。このような精神由来の顔汗は暑くても寒くても生じますから、体質から改善していくしかありません。

 

そして和漢成分のシャクヤク抽出液には、女性ホルモンのバランスを安定させて、心と身体の緊張を和らげる効果があると言われています。そしてそれによって、顔汗などの汗を止める事が可能です。

 

「ワレモコウ抽出液」「茶抽出液」で皮脂を止める

茶抽出液やワレモコウ抽出液には、皮膚に負荷をかけるストレスやUVを確実に抑え込んで皮膚を保護する効果があります。

 

皮膚に刺激が及ぶとシミ等が発生してしまう場合がありますが、刺激から皮膚を守ろうとして、角質が厚くなったり皮脂の発生量が増えたりして、ベタベタ感が増したり、皮膚が弱体化してしまったりする事も多いです。

 

ですから、サラフェのワレモコウ抽出液や茶抽出液で、これらのトラブルを食い止める事は非常に大事です。

 

サラフェで「保湿」「保護」「整肌」をしましょう

ジェルクリームのサラフェに入っている成分の作用は、大別して3種類です。

 

保湿作用:ヨクイニン抽出液によるものであり、皮膚の状態をキープしてくれる
保護作用:シメン-5-オールや柿タンニンによるものであり、臭いを止める事もしてくれる
整肌作用:ワレモコウ、茶、シャクヤクによるもの

 

そして、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物オイル、着色料、合成香料等を一切用いない添加物フリー製法であるのも魅力であり、安全度に秀でています。